アルソア クイーンシルバーの泡立て方のコツとは?乾燥なし、くすみなしのお肌になる?

20150817
雑誌で紹介されてきて気になって購入したのが、

アルソアのクイーンシルバーという

洗顔石けんです。

肌のくすみがとれて気に入っています。

アルソアのクイーンシルバーは

泥を配合した石けんです。

一般的な洗顔料の泡は小さな毛穴の中に

入り込むことができないので、

毛穴の奥の汚れまで落とすことができません。

肌のくすみの原因の古い角質や皮脂汚れなども

完璧に落ちてはいないのです。

泥は非常に小さな粒子をしているので、

小さな毛穴の中に入り込むことができます。

汚れを引き付ける力があり、

毛穴の奥の汚れを

吸着してきれいにしてくれます。

皮脂を落とす力もあるので

くすみもスッキリします。

汚れ落ちがいい洗顔料は

肌がつっぱることがあるけど、

泥は不要な汚れだけ吸着して

必要な潤いは残してくれます。

クイーンシルバーで洗った後は

さっぱりするけどつっぱり感がありません。

乾燥肌で洗顔をすると肌が

ぱりっとして気持ち悪いことがあったけど、

この洗顔石けんは大丈夫です。

洗顔で気をつけることは、

肌が手に触れないようにすることです。

肌に触れると摩擦でバリア機能が低下します。

バリア機能には紫外線などの外部刺激から守る、

水分蒸発を防いで

乾燥を防ぐ働きがあるのですが、

機能が低下すると紫外線の影響を

強く受けてシミやシワができたり、

乾燥しやすくカサカサの肌になってしまいます。

泡立てネットを使うと泡がもこもこできて、

洗顔時の摩擦を防ぐことができますが、

クイーンシルバーは手で泡立てた方がよいです。

最初は泡を立てるのが難しかったけれど、

だんだん慣れてきてうまくもこもこの

泡を作れるようになりました。

泡をうまく作るにはコツがあります。

まず手をよく洗います。

石けんを濡らして手につけたら、

ぬるめのお湯をほんの少しだけ

足して空気を入れるように泡立てていきます。

途中でほんの少しだけ水を足します。

水を加え過ぎないようにするのがポイントです。

泡立てネットで泡立てるのと手で

泡立てるのでは泡のきめ細かさが違って、

汚れ落ちも違う気がします。

クイーンシルバーを使うようになって

洗顔後の乾燥がなくなり、

くすみが明るくなってきました。

肌が乾燥すると角質が蓄積して光を

一定方向に反射できなくなりくすみます。

洗顔による乾燥を

防げたことや汚れ落ちがいいので、

くすみが解消したのかなと思います。

使い心地がよいし効果もいいけれど、

どこにでも売っているわけではなくお店が

近くにないのが残念です。

通販で購入しています。

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 無料サンプルへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加